[Security Days Spring 2017 インタビュー] 日本がCSIRT構築より前に振り返るべきポイント(セキュアワークス・ジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

[Security Days Spring 2017 インタビュー] 日本がCSIRT構築より前に振り返るべきポイント(セキュアワークス・ジャパン)

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント

3月8日からの3日間は東京で、3月16日には大阪にて開催される「Security Days Spring 2017」。国内外のセキュリティベンダーによるセミナー中心のイベントで、多くの企業や専門家が最新知見の講演を行う。

初日の基調講演「潜む攻撃者を狩り出す:標的型ハンティング・サービスの実態 急増する『痕跡を残さない攻撃』に対し、どのように対処すべきか」に登壇するセキュアワークス・ジャパン株式会社 ジェネラル・マネージャ ジェフ・モルツ氏に、日本のセキュリティ対策や講演の見どころについて話を聞いた。

――さっそくですが、日本におけるサイバー攻撃の現状についてどのように分析されていますか。

攻撃の巧妙化が進んでおり、多くの企業や組織が攻撃や侵入に気づいていない現状があります。弊社の調査では、外部からの攻撃や侵入を、内部のスタッフが発見した割合はわずか12%でした。残りの88%は、法執行機関や第三者からの報告によってその事実を知らされています。

攻撃者も、個人、ハクティビスト、高度に組織化された犯罪者、国家と多様化しています。それぞれ目的やモチベーションも異なっていることも防御を難しくしています。国によるサイバー攻撃というと、日本は縁がないと思うかもしれませんが、歴史的な問題もあり、アメリカと同様に国家サイバー攻撃の標的になっている国です。

――なぜ、最近の攻撃は検知が難しくなっているのでしょうか。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×