米海兵隊、サイバー戦争に向け兵士 3,000 名増員(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

米海兵隊、サイバー戦争に向け兵士 3,000 名増員(The Register)

優秀なハッカーやセキュリティの専門家を軍に呼び込むのは容易ではない。ハッキング大会では、民間のハッカーチームが軍の専従チームに圧勝するのが常だ。

国際 TheRegister
米海兵隊総司令官が約3,000名の増員を口にした。サイバー戦争やオンラインでのスパイ活動が得意な人員を増やし、21世紀の戦闘形式に対応できるようにしようというのだ。

1月12日、米水上海軍兵力協会の年次大会で米海兵隊総司令官のロバート・ネラー大将が講演し、次回の国防予算案で米海兵隊の総兵力を現行の182,000名から185,000名へと引き上げることに意欲を示した。その上で、増員分の兵力はサイバー戦や電子戦への対応能力を強化するために使いたいと述べた。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×