GRC活動支援ソフトの最新版を発売、組織横断的なリスク管理など強化(EMCジャパン) | ScanNetSecurity
2022.05.29(日)

GRC活動支援ソフトの最新版を発売、組織横断的なリスク管理など強化(EMCジャパン)

EMCジャパンは、企業活動におけるGRCの活動を支援するGRCプラットフォームソフトウェアの新バージョン「RSA Archer Suite 6.1」の提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
EMCジャパン株式会社は2月6日、企業活動におけるGRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)の活動を支援するGRCプラットフォームソフトウェアの新バージョン「RSA Archer Suite 6.1」の提供を開始したと発表した。新たにオペレーショナルリスクを管理する「エンタープライズ&オペレーショナルリスク管理」ソリューションと、ワークフロー設計ツール「Advanced Workflow Designer」を追加した。

エンタープライズ&オペレーショナルリスク管理は、業務プロセスやリスクをカタログ化(定義と一覧化)し、リスクの洗い出しや評価、リスク低減にむけたコントロールとの関連付けを可能にするもの。また、リスク指標や損失イベントの情報や問題管理との連携によって、リスク状況をリアルタイムに可視化できる。Advanced Workflow Designerは、承認者の設定や承認条件の設定をはじめとする経路設計がドラッグ&ドロップで作成できる、視覚的なワークフロー設計ツールとなっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×