新たに3製品を発表、人工知能により既知および未知の脅威を検出(ウェブルート) | ScanNetSecurity
2022.07.03(日)

新たに3製品を発表、人工知能により既知および未知の脅威を検出(ウェブルート)

ウェブルートは、ポートフォリオに新たに3製品を追加し、プラットフォームを拡張すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウェブルート株式会社は2月2日、ポートフォリオに新たに3製品を追加し、プラットフォームを拡張すると発表した。新たに発表されたのは、「Webroot FlowScape アナリティクス」「Webroot BrightCloud ストリーミング マルウェア ディテクション」「Webroot SecureAnywhere DNSプロテクション」の3製品。いずれも人工知能エンジンを活用し、ユーザ環境への既知および未知のサイバー脅威に対する保護を強化できるよう支援するものとなっている。

Webroot FlowScapeアナリティクスは、「FlowScapeアナリティクス」と「Webroot BrightCloud Threat Intelligence」を統合したもので、インバウンドおよびアウトバウンドに加え、ネットワーク内のさまざまなトラフィック タイプと動作を分析、未知の脅威による異常なネットワーク トラフィックを素早く特定できるようにする。現在、初期の販売開始プログラムの一環として、カスタムでの統合や評価用に提供されている。

Webroot BrightCloudストリーミング マルウェア ディテクション(2017年半ばに発売予定)は、ネットワーク エッジで転送中の悪意あるファイルをリアルタイムで検出可能にするもので、毎分5,700ファイルの判定が可能だという。Webroot SecureAnywhere DNSプロテクション(2017年4月発売予定)は、BrightCloud Webクラシフィケーション、Webレピュテーション、IPレピュテーション サービスを活用し、DNSレベルでデバイスを保護する。また、「Webroot SecureAnywhereエンドポイント セキュリティ」と密接に統合される。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×