女性の世代別スマートフォン利用実態、女子高生の特徴が顕著に(MMD研究所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.06.26(月)

女性の世代別スマートフォン利用実態、女子高生の特徴が顕著に(MMD研究所)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

MMD研究所(MMDLabo株式会社)は2月1日、女性のスマートフォン利用実態についてインテルセキュリティと実施した共同調査の結果について、コラムで公開した。「女子高生」「女子大生」「20・30代独身社会人女性」「30・40代既婚女性」の4属性を対象としている。調査結果によると、所有するスマートフォンでは「iPhone」の割合が女子高生で84.8%ともっとも高く、年代が上がるにつれて割合は下がるものの、30・40代既婚女性でも62.9%と高い数値となった。

SNSアプリの利用割合では、すべての年代で「LINE」がトップとなったが、2位以降は年代により差が出た。「Twitter」「Instagram」は若い世代で活発に利用されているが、「Facebook」は女子高生で10%と低いが女子大生になると2倍以上に増え、独身社会人女性ではさらに約1.5倍となる。また、女子高生の「フリマアプリ」の利用率の高さも特徴となっている。

スマートフォンを使用していて経験したことでは、「迷惑メールが送られてきた」「知らない人からLINEが来た」「詐欺メールが送られてきた」は、いずれの世代でも高い結果となった。一方で「ワンクリック詐欺画面の出現」が世代が若いほど経験率が高くなっている。ワンクリック詐欺画面は違法なアダルト系の動画サイトで出てくることが多く、未成年でも簡単にそのようなサイトにアクセスできてしまう実態が見えるとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ランサムウェア「WannaCry」被害が多く報道されても、パッチ非適用者は増加(フレクセラ)

    ランサムウェア「WannaCry」被害が多く報道されても、パッチ非適用者は増加(フレクセラ)

  2. 日本に精通した標的型攻撃「BRONZE BUTLER」の詳細レポートを公開(SecureWorks)

    日本に精通した標的型攻撃「BRONZE BUTLER」の詳細レポートを公開(SecureWorks)

  3. KPMG , LAC流「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」実践活用法(KPMGコンサルティング、ラック)

    KPMG , LAC流「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」実践活用法(KPMGコンサルティング、ラック)

  4. 日本のインターネットリスクの高さは183中155位、ただし危険なサーバは多数(Rapid7)

  5. 重大な脆弱性が各分野で発覚、モバイルを狙うランサムウェアも--四半期レポート(トレンドマイクロ)

  6. ランサムウェア、標的型攻撃など、2016年の脅威を総括したレポート(シマンテック)

  7. IT企業を装うフィッシングサイトが急増、そして最短15分で姿を消す(ウェブルート)

  8. 4人に1人がランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

  9. 国内の主要な個人情報漏えい事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2017」(イード)

  10. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×