画面にウォーターマークを表示することで、撮影による内部犯行を抑止(デジタルアーツ) | ScanNetSecurity
2020.06.02(火)

画面にウォーターマークを表示することで、撮影による内部犯行を抑止(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、企業・官公庁向けファイル暗号化・追跡ソリューションの最新版「FinalCode Ver.5.2」を2月1日より提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
デジタルアーツ株式会社は1月19日、企業・官公庁向けファイル暗号化・追跡ソリューションの最新版「FinalCode Ver.5.2」を2月1日より提供開始すると発表した。新バージョンでは、暗号化ファイル内データのコピー・ペーストおよびキャプチャアプリケーションの同時起動を制御する機能に加え、ファイルを開いた際に画面上に表示されるデータに、日時やデータ表示端末を識別するための情報を透かし(ウォーターマーク)として入れることが可能となった。デジタルカメラなどで画面を撮影した際にウォーターマークが映り込むため、内部犯罪の抑止効果が期待できる。

また、クラウド型ファイル共有・コラボレーションプラットフォーム「Box」との連携により、「Box」からダウンロードしたファイルの権限管理・削除が可能となる機能を2016年3月にリリースしているが、今回のバージョンアップでは本連携の利便性を高める「FinalCodeファイルのプレビュー」機能が搭載される。「Box」にアップロードされたファイルは自動的に暗号化されるが、「FinalCodeファイルのプレビュー」機能を利用することで、暗号化されたままの状態でファイルの内容を「Box」内で表示させることが可能になる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×