欧州公式Twitterアカウントが乗っ取り被害、暴言を含むツイートやフォロワーをブロック(スクウェア・エニックス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

欧州公式Twitterアカウントが乗っ取り被害、暴言を含むツイートやフォロワーをブロック(スクウェア・エニックス)

脆弱性と脅威 脅威動向


スクウェア・エニックスの欧州公式Twitterアカウントがハッキング被害に遭い、一時的に乗っ取られていたことが明らかとなりました。“cyberwolfgang”と名乗る犯人は暴言を含むツイートの他、フォロワーをブロックしたり、いくつかのアカウントのフォローなどを行ったとのこと。その犯行の手は『Just Cause』の公式Twitterアカウントにも及びました。


現在、スクウェア・エニックスはアカウントの権限を取り戻しており、犯人によるツイートは削除されています。なお、今回とばっちりを受けた(暴言ツイートが送られた)Electronic Artsの英国公式Twitterアカウントは、「正常に戻って良かった」とお見舞いメッセージを伝えています。

@electronicarts Aww thanks, we weren't ourselves for a bit there. (*^_^*)We do <3 you really!— SQUARE ENIX EUROPE (@SQUARE_ENIX_EU) 2017年1月6日

欧州スクエニのTwitterが乗っ取り被害―暴言ツイートやフォロワーのブロックも

《RIKUSYO》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×