育成支援も行う4つのメニューで「インシデントレスポンス サービス」提供(EMCジャパン) | ScanNetSecurity
2020.04.03(金)

育成支援も行う4つのメニューで「インシデントレスポンス サービス」提供(EMCジャパン)

EMCジャパンは、企業のセキュリティチーム向けに、サイバー攻撃に対処するノウハウ・知見の提供や、チームの育成支援を行う「IRサービス」の提供を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
EMCジャパン株式会社は12月21日、企業のセキュリティチーム向けに、サイバー攻撃に対処するノウハウ・知見の提供や、チームの育成支援を行う「インシデントレスポンス サービス」(IRサービス)の提供を開始したと発表した。価格は個別見積。経営層はインシデント発生の際に、適切な経営判断を行うために原因や被害、影響範囲などの情報をセキュリティチームに求める。セキュリティチームには、インシデントを分析して経営層が理解できるように説明する高度な技術が必要になる。しかし、国内では情報セキュリティ技術者が不足しており、特にユーザ企業に就業している技術者の割合は極端に少ない。

IRサービスは、この現状に対してセキュリティチームのスキルアップを支援し、成熟度を高めながらインシデントを解決するもの。「RSA NetWitness」を一定期間設置し、セキュリティ対応の現状把握と改善提案を行う「インシデントディスカバリー」、自社SOC/CSIRTの運用を間もなく開始する、あるいは開始したばかりの企業に、インシデント発生時の技術支援、スキルトランスファーを行う「インシデントホットライン」、「RSA NetWitness」を運用開始する、あるいは開始して間もないユーザ企業向けの初期運用支援サービス「IRジャンプスタート」、「RSA NetWitness」を利用しているユーザ企業向けの定期運用支援サービス「アドバイザリサービス」の、4つの独立したサービスを提供する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×