ランサムウェア「CryptXXXバージョン3」の復号ツールを無償提供(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

ランサムウェア「CryptXXXバージョン3」の復号ツールを無償提供(カスペルスキー)

カスペルスキーは、ランサムウェア「CryptXXXバージョン3」に対応する復号ツールの無償提供を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社カスペルスキーは12月20日、ランサムウェア「CryptXXXバージョン3」に対応する復号ツールの無償提供を開始したと発表した。同社は2016年4月と5月にも、ランサムウェア「CryptXXX」のバージョン1 、バージョン2によって暗号化されたファイルを復号するツールを無償提供している。

復号ツールは、同社のサポートサイトおよび「No More Ransom」プロジェクトのポータルサイトからダウンロードできる。CryptXXXの攻撃を受けたユーザ数は、カスペルスキー製品ユーザだけでも2016年4月から少なくとも80,000に上り、その割合は、米国、ロシア、ドイツ、日本、インド、カナダの6カ国が上位を占めている。同社では、数十万ユーザが実際に攻撃を受けているとみている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×