ランサムウェア「CryptXXXバージョン3」の復号ツールを無償提供(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

ランサムウェア「CryptXXXバージョン3」の復号ツールを無償提供(カスペルスキー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社カスペルスキーは12月20日、ランサムウェア「CryptXXXバージョン3」に対応する復号ツールの無償提供を開始したと発表した。同社は2016年4月と5月にも、ランサムウェア「CryptXXX」のバージョン1 、バージョン2によって暗号化されたファイルを復号するツールを無償提供している。

復号ツールは、同社のサポートサイトおよび「No More Ransom」プロジェクトのポータルサイトからダウンロードできる。CryptXXXの攻撃を受けたユーザ数は、カスペルスキー製品ユーザだけでも2016年4月から少なくとも80,000に上り、その割合は、米国、ロシア、ドイツ、日本、インド、カナダの6カ国が上位を占めている。同社では、数十万ユーザが実際に攻撃を受けているとみている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×