「活文EMP」に情報漏えいやメール機能を付加しクラウドサービス化(日立ソリューションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

「活文EMP」に情報漏えいやメール機能を付加しクラウドサービス化(日立ソリューションズ)

日立ソリューションズは、企業のセキュアなメール環境をオールインワンで提供する「活文 Enterprise Mail Platform クラウドサービス」を12月16日より提供開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立ソリューションズは12月15日、企業のセキュアなメール環境をオールインワンで提供する「活文 Enterprise Mail Platform クラウドサービス」を12月16日より提供開始すると発表した。利用料金は、初期料金が100,000円から、月額料金はオープン価格であるが、メールボックスなしで1アカウントあたり200円、25GBのメールボックスで1アカウントあたり600円を参考価格として公表している。

同サービスは、オンプレミスで提供している「活文 Enterprise Mail Platform(活文EMP)」の誤送信防止対策に加え、情報漏えい対策やメールボックス、Webメールへの対応など、企業で必要となるメール機能をオールインワンで提供するもの。メールボックスについては、既存の他社のメールサービスとの連携も可能。これにより企業は、メールシステムの導入時や運用時の負荷を軽減するとともに、セキュアなメール環境を短期間で導入することができるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×