チャット機能を搭載し個人情報を盗む偽販売サイトを発見(BBソフトサービス) | ScanNetSecurity
2020.06.05(金)

チャット機能を搭載し個人情報を盗む偽販売サイトを発見(BBソフトサービス)

BBソフトサービスは、「インターネット詐欺リポート(2016年10月度)」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
BBソフトサービス株式会社は11月18日、「インターネット詐欺リポート(2016年10月度)」を発表した。本レポートは、同社の「Internet SagiWall」が検出・収集した危険性の高いネット詐欺サイトの数やカテゴリーなどを分析したもの。これによると、10月のインターネット詐欺サイトの検知数は1,855,449件で、前月より2.1%減少した。

内訳は、ワンクリック・不当請求詐欺サイトが76.78%、フィッシング詐欺サイトが17.53%、マルウェア感染サイトが0.70%、ボーガスウェア配布サイトが3.77%、ぜい弱性悪用サイトが1.22%を占めていた。OSごとのネット詐欺種類別検知率では、ワンクリック・不当請求詐欺サイトの割合がWindowsで22.72%、Androidで87.33%、iOSで58.41%となっている。

また10月度は、チャット機能を搭載し個人情報を盗む偽販売サイトを発見した。閲覧しているとチャットが自動的に立ち上がり、商品に関する質問ができるようになっている。実際に質問を入力すると「担当者が席を外しているため、折り返し連絡をします。連絡先を記入してください」という返答とリンクが表示され、リンクをクリックするとメールアドレスを記載する入力フォームへ誘導される。BBソフトサービスでは、犯罪者は新たなECサイトの手法を偽サイトに取り入れていると指摘している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×