Dark Netでやり取りされるハッカーなどの情報をインテリジェンスで提供(テリロジー) | ScanNetSecurity
2023.02.03(金)

Dark Netでやり取りされるハッカーなどの情報をインテリジェンスで提供(テリロジー)

テリロジーは、イスラエルのKELA Group(KELA社)との国内での販売代理店契約を締結したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社テリロジーは11月16日、イスラエルのKELA Group(KELA社)との国内での販売代理店契約を締結したと発表した。これによりテリロジーは、匿名性の高いネットワーク「Dark Net」でやり取りされるハッカーなどの情報をモニタリングすることで脅威情報を検知し、契約企業に提供するコンサルティングサービス「スレットインテリジェンスサービス」の販売を11月21日より開始すると発表した。

イスラエルの元軍関係者が設立したスレットインテリジェンスのエキスパート集団。ダークネット内でやりとりされる情報は、KELA社が独自に開発した自動巡回技術の自動情報収集ツール「ReDark」により検索、取集し、フィルタリングされ、同社アナリストによる調査、分析結果は契約先企業に提供される。また、APIを経由し、顧客のSIEMなどのシステムに対し自動的にアラートを送信する。料金は個別見積となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×