2016年度の国内民間企業のIT市場規模は11兆4,750億円、前年比0.7%減(矢野経済研究所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

2016年度の国内民間企業のIT市場規模は11兆4,750億円、前年比0.7%減(矢野経済研究所)

矢野経済研究所は、国内民間企業のIT投資実態と今後の動向に関する「国内企業のIT投資に関する調査結果(2016年)」を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社矢野経済研究所は11月15日、国内民間企業のIT投資実態と今後の動向に関する「国内企業のIT投資に関する調査結果(2016年)」を発表した。本調査は7月から10月、民間企業および公的団体・機関などに対する郵送アンケート、および文献調査併用により実施したもの。調査結果によると、2016年度の国内民間企業のIT市場規模は前年度比0.7%減の11兆4,750億円と予測した。

同社では、金融業界で続いていた大掛かりなシステム更新も2016年度にはピークアウトし、落ち着きつつあるため、国内民間企業のIT市場規模は前年度比でわずかに縮小に転じると予測している。2018年度以降については、Windows7の延長サポート終了(2020年予定)に向けた動きや、東京オリンピックに向けた新たな需要が見込まれることから、国内民間企業のIT市場規模は上向いてくると予測している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×