ラボを立ち上げセキュリティ事業強化、物販からサービスへ(東陽テクニカ) | ScanNetSecurity
2020.11.01(日)

ラボを立ち上げセキュリティ事業強化、物販からサービスへ(東陽テクニカ)

東陽テクニカは、サイバーセキュリティサービス事業を早期に立ち上げるため社内カンパニー「セキュリティ&ラボカンパニー」を11月1日付けで設立すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社東陽テクニカは10月31日、サイバーセキュリティサービス事業を早期に立ち上げるため社内カンパニー「セキュリティ&ラボカンパニー」を11月1日付けで設立すると発表した。従来の物販事業とは異なり、サイバーセキュリティサービス(役務)事業に特化した社内カンパニーを設立することで、新しい価値を提供するとともに同社グループの業容拡大を図るとしている。

同カンパニーでは、推進責任者(プレジデント)として櫻井俊郎氏を招聘。サイバーセキュリティサービスと無線通信端末ラボ試験サービスを提供していく。サイバーセキュリティサービスでは、欧米やイスラエルの企業と連携して事業家を薦め、サービスソリューション型・エンジニアリング型のサービス提供を実現する。また、サイバーリスク分析センター(CRA)の設立も視野に入れる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×