組織にサイバー攻撃の侵害がないか調査するサービスを提案に活かす連携(ファイア・アイ、日立) | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

組織にサイバー攻撃の侵害がないか調査するサービスを提案に活かす連携(ファイア・アイ、日立)

ファイア・アイは、日立製作所(日立)との拡販協業を強化したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ファイア・アイ株式会社は10月27日、株式会社日立製作所(日立)との拡販協業を強化したと発表した。これにより、日立グループが提供するセキュリティソリューション「Secureplaza」において、ファイア・アイのコンサルティングサービスである「侵害調査サービス(CA:Compromise Assessment)」の取り扱いを同日より開始した。

同サービスは現在のシステム環境がすでに侵害を受けていないかどうかを診断するもの。診断結果は日立が顧客企業に「Secureplaza」のラインアップから最適なセキュリティソリューションを提案する際の判断基準のひとつとして、重要な役割を担うようになるとしている。両社は今後、セキュリティ製品の販売代理と一次保守にとどまらず、インシデントに備えたコンサルティングサービスでも密接に連携するという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×