組織にサイバー攻撃の侵害がないか調査するサービスを提案に活かす連携(ファイア・アイ、日立) | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

組織にサイバー攻撃の侵害がないか調査するサービスを提案に活かす連携(ファイア・アイ、日立)

ファイア・アイは、日立製作所(日立)との拡販協業を強化したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ファイア・アイ株式会社は10月27日、株式会社日立製作所(日立)との拡販協業を強化したと発表した。これにより、日立グループが提供するセキュリティソリューション「Secureplaza」において、ファイア・アイのコンサルティングサービスである「侵害調査サービス(CA:Compromise Assessment)」の取り扱いを同日より開始した。

同サービスは現在のシステム環境がすでに侵害を受けていないかどうかを診断するもの。診断結果は日立が顧客企業に「Secureplaza」のラインアップから最適なセキュリティソリューションを提案する際の判断基準のひとつとして、重要な役割を担うようになるとしている。両社は今後、セキュリティ製品の販売代理と一次保守にとどまらず、インシデントに備えたコンサルティングサービスでも密接に連携するという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×