「GUARDIANセキュリティ サービス」に7つ目のサービス「メール無害化」追加(キヤノンITS) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

「GUARDIANセキュリティ サービス」に7つ目のサービス「メール無害化」追加(キヤノンITS)

キヤノンITSは、「GUARDIANセキュリティ サービス」に7つ目のサービス「メール無害化サービス」を追加し、11月1日より提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は10月20日、「GUARDIANセキュリティ サービス」に7つ目のサービス「メール無害化サービス」を追加し、11月1日より提供を開始すると発表した。メール無害化サービスの価格は、初期費用が1ドメインあたり4万円、月額プランは1アカウントあたり月額400円、年額プランは1アカウントあたり年額4,000円(どもに税別)。

メール無害化サービスは無害化機能として、添付ファイルを除去し、添付ファイルの先頭から10KBの内容をテキスト化してメール本文に挿入したり、HTMLメールのテキスト化、HTMLメールにおけるURLリンクのハイパーリンク無効化などを搭載。オリジナルのメールは2週間保存され、Web管理画面から閲覧や再配送が可能、ウイルスチェック機能やホワイトリスト機能も搭載する。同社は「GUARDIANWALL」を中核としたセキュリティ事業で2020年に売上高100億円を目指す。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×