ITシステムの脆弱性の自動スキャン・管理を実現、クラウドサービスも提供(エフセキュア) | ScanNetSecurity
2020.06.04(木)

ITシステムの脆弱性の自動スキャン・管理を実現、クラウドサービスも提供(エフセキュア)

エフセキュアは、ITシステムの脆弱性を自動スキャン・管理するソリューション「F-Secure Radar」の国内販売を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エフセキュア株式会社は10月19日、ITシステムの脆弱性を自動スキャン・管理するソリューション「F-Secure Radar」の国内販売を開始すると発表した。同ソリューションは、ITシステム分析のためのさまざまな自動スキャン機能を備え、サーバ、デスクトップ、ルータ、プリンタ、ネットワークに接続されているその他の資産も含め、ネットワーク全体とすべての資産を可視化し、脆弱性を特定するとともに、深刻度に基づいて脆弱性を評価する。

同ソリューションは、APIによりサードパーティ製品との統合が可能なITシステム可視化ダッシュボード「Security Center」、ネットワークホスト、非同期ポートの高速スキャンを行う「Discovery Scan」、構成エラー、不適切なパッチ管理などに関連するシステムの脆弱性を特定する「System Scan」、「OWASP Top 10」を含む膨大な脆弱性をテストする「Web Scan」で構成される。また、同ソリューションをサービス化した「F-Secure Radar as a service」も提供するという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×