脅威検知に機械学習を組み合わせた新たなアプローチを提供開始(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

脅威検知に機械学習を組み合わせた新たなアプローチを提供開始(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

トレンドマイクロ株式会社は10月19日、脅威検知に新たな機械学習アプローチ「XGen Endpoint Security」の提供を開始すると発表した。このアプローチは、機械学習、脆弱性攻撃対策、ふるまい検知といった脅威防御技術を組み合わせたもの。「XGen Endpoint Security」は、Trend Micro Smart Protection Suitesの一部として、米国では同日より提供開始される。

同アプローチでは、誤検知を減少させるため、利用者数に応じたプログラムの判定やホワイトリストといった安全なファイルを切り分ける「ノイズキャンセリング」を用いて、実行前および実行中の両ファイルを分析する機械学習を既存のアプローチに初めて融合したという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×