サイバーセキュリティ分野での起業とベンチャーキャピタルからの資金調達方法(The Register) | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

サイバーセキュリティ分野での起業とベンチャーキャピタルからの資金調達方法(The Register)

過去1年間、ベンチャーキャピタリストたちの財布の紐は固かった。だが、セキュリティスタートアップにはまだ愛と資金が溢れている。「私は過去20年間これを手がけてきましたが、(セキュリティの) ビジネスをするのに今以上の時期はありません」とチャンドゥナは述べている。

国際 TheRegister
過去1年間、ベンチャーキャピタリストたちの財布の紐は固かった。だが、セキュリティスタートアップにはまだ愛と資金が溢れている。あなたが正しい領域で仕事をしているならなおさらだ。

サンフランシスコで本日 (編集部註:2016年9月28日) 行われたストラクチャーセキュリティカンファレンスのパネルディスカッションでは、ベンチャーキャピタルのトップ3名が、セキュリティスタートアップが初期投資を得やすい3つの重要領域を指摘した。それは、クラウドセキュリティ、コンテナ化による保護、そして機械学習である。ただし、最後の領域については注意点がある。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×