世界初のアルゴリズムで安全性評価が可能な匿名加工情報作成ツールを開発(KDDI研究所) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

世界初のアルゴリズムで安全性評価が可能な匿名加工情報作成ツールを開発(KDDI研究所)

KDDI研究所は、事業者が所有する個人情報の匿名加工情報の作成を可能にするツールを開発したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社KDDI研究所は9月29日、事業者が所有する個人情報の匿名加工情報の作成を可能にするツールを開発したと発表した。従来のk-匿名化だけを考慮するのではなく、サンプリングなど複数の匿名化手法を組み合わせることで、より有用な匿名加工情報を作成できるようになる。今後は社内外で本開発ツールの実証実験を行い、その結果を元に匿名化手法の最適化を検討していくという。

また、世界初のアルゴリズムにより、データの特徴などを元に複数の匿名化手法を組み合わせた場合でも、k-匿名性と同じ基準で安全性の評価を可能にした。これにより、複数の匿名化手法を組み合わせたとしても、どちらのほうが安全であるかの確認が可能となり、匿名化手法の幅を広げられる。なお、本研究開発成果の一部は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業「ビッグデータ統合利活用促進のためのセキュリティ基盤技術」の体系化の成果となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×