「ウイルスに感染した」という偽の表示を判断できるチャートを公開(IPA) | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

「ウイルスに感染した」という偽の表示を判断できるチャートを公開(IPA)

IPAは、偽警告で電話問い合わせへ誘導する手口の相談が急増していることを受け、被害防止に向けた「セルフチェック診断チャート」を公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は9月29日、偽警告で電話問い合わせへ誘導する手口の相談が急増していることを受け、被害防止に向けた「セルフチェック診断チャート」を公開した。これは、PCの画面に「ウイルスに感染した」という偽の警告を表示し、サポートに電話するように仕向ける手口で、2016年6月から被害が急増し、8月末には200件、9月はすでに現時点で200件を超えている。

セルフチェック診断チャートは、相談者のおかれている状況が一定のパターンに集約されていることから、パターンごとに必要となる対処を整理したもの。診断チャートのページから「診断を開始する」をクリックすると「警告メッセージに表示された番号に電話をしましたか?」「表示された警告メッセージは消すこと(閉じること)ができますか?」などの質問が表示され、回答をクリックすることで感染しているかどうかなどを確認できる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×