ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」の新版、AD連携など強化(デジタルアーツ) | ScanNetSecurity
2022.08.12(金)

ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」の新版、AD連携など強化(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、企業・官公庁向けファイル暗号化・追跡ソリューションの最新版「FinalCode Ver.5.11」を提供開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
デジタルアーツ株式会社は9月27日、企業・官公庁向けファイル暗号化・追跡ソリューションの最新版「FinalCode Ver.5.11」を同日より提供開始したと発表した。新バージョンでは、企業・団体内のActive Directory(AD)で管理するアカウントをそのまま「FinalCode」の認証で利用できるようになった。これにより、メールアドレスを持たないアルバイトや契約社員などがいる地方自治体や企業においても、すべてのユーザを対象にできる。

また、異動や退職といった人事異動に伴うファイルへのアクセス権限の変更もADの設定から有効にできる。「FinalCode」SaaS版では、異なるドメイン間でユーザ認証を行う「SAML認証」対応により、社内にあるADと連携して複数のクラウドサービスへのシングルサインオンが可能となる。バーチャルアプライアンスの「FinalCode」オンプレミス版では、「統合Windows認証」対応による自動認証で、「FinalCode Client」のインストール後、すぐに利用開始が可能となった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×