Windows OSのパッチ適用がユーザに浸透、それ以外のパッチ未適用率は上昇(フレクセラ) | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

Windows OSのパッチ適用がユーザに浸透、それ以外のパッチ未適用率は上昇(フレクセラ)

フレクセラは、Secunia Researchによる12カ国を対象にした「2016年第2四半期の最新国別レポート」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
フレクセラ・ソフトウェア合同会社(フレクセラ)は9月15日、Secunia Researchによる12カ国を対象にした「2016年第2四半期の最新国別レポート」を発表した。これによると、Windows OSにパッチを適用していないユーザは3.8%と、前四半期の5.2%、前年同四半期の9.7%から減少している。その一方で、Microsoft以外のプログラムにパッチを適用してないユーザは13.6%で、前四半期の12.4%、前年同四半期の11.0%から増加している。

またレポートでは、2016年第2四半期の危険度トップ3プログラムに「Oracle Java JRE 1.8x/8.x」(パッチ未適用率49%、市場シェア41%、脆弱性67件)、「Lhaplus 1.x」(パッチ未適用率66%、市場シェア27%、脆弱性0件)、「Adobe Reader XI 11.x」(パッチ未適用率51%、市場シェア30%、脆弱性215件)を挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×