2017年版の個人向けセキュリティ製品を発表、クラウドで脅威を分析(マカフィー) | ScanNetSecurity
2022.08.12(金)

2017年版の個人向けセキュリティ製品を発表、クラウドで脅威を分析(マカフィー)

マカフィーは、2017年版の個人向けセキュリティ製品を10月14日より全国の店頭やオンラインストアで発売すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
マカフィー株式会社は9月14日、2017年版の個人向けセキュリティ製品を10月14日より全国の店頭やオンラインストアで発売すると発表した。最新の製品群では、新たに「Real Protect」により強化された次世代のマルウェア対策エンジンを搭載し、脅威の分析をクラウド上で処理することで、効率的かつ効果的に脅威を検出できるようになったという。

また、多要素のパスワード管理が可能な「True Keyアプリ」の機能強化も実施。マスター パスワードのリセットや、他のパスワード管理ソフト・アプリからの認証データのインポートなどを新機能として搭載した。ユーザの手元にiPhoneがない場合でも、Apple Watchを使って電池の残量を確認できるなど、ウェアラブル機器への対応強化も行った。ラインアップは従来と同様に5製品となっており、「マカフィー アンチウイルス」以外はインストール台数無制限となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×