窃取されたログイン情報を利用したWebサービスでの不正取引やなりすましを検知(NRIセキュア) | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

窃取されたログイン情報を利用したWebサービスでの不正取引やなりすましを検知(NRIセキュア)

NRIセキュアは、金融サービスサイトやショッピングサイトなどのWebサービスへの不正アクセスを検知するソリューション「Uni-ID IFD)」の販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は9月13日、金融サービスサイトやショッピングサイトなどのWebサービスへの不正アクセスを検知するソリューション「Uni-ID Identity Fraud Detection」(Uni-ID IFD)」を同日より販売開始したと発表した。同サービスは、独自のリスク解析モデルでログイン時、およびログイン後のふるまいを分析し、不正アクセスの可能性(疑い度合い)を判定するもの。判定基準などに使用する属性値はカスタマイズ可能なため、検知精度を向上できる。

Uni-ID IFDとともに、不正検知ルールのチューニングを継続的に支援するサービスも提供するため、最新の攻撃行動にも対応できる。さらに、Uni-ID IFDを自社Webサービスの本番システムに適用する前に、短期間で導入効果を判断するためのPoC(Proof of Concept)サービスも提供(PoCは150万円から)。過去のログデータを分析することで不正アクセス有無の可能性をサポートする。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×