セキュリティ対策チーム向けの標的型サイバー攻撃対策スイート製品(EMCジャパン) | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

セキュリティ対策チーム向けの標的型サイバー攻撃対策スイート製品(EMCジャパン)

EMCジャパンは、セキュリティ対策チーム向けの標的型サイバー攻撃対策スイート製品「RSA NetWitness Suite」の提供を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
EMCジャパン株式会社は8月30日、セキュリティ対策チーム向けの標的型サイバー攻撃対策スイート製品「RSA NetWitness Suite」の提供を開始したと発表した。同製品は、既存製品である「RSA ECAT」「RSA Security Analytics for Log」「RSA Archer Security Operation Management」の名称を変更し、サイバー脅威情報を共有する仕組みを強化、スイート製品として新たに提供するもの。

RSA ECATの後継となる「RSA NetWitness Endpoint」は、組織内のPCが実行中のプログラム内部状態を常時モニターし(ライブメモリ分析)、マルウェアを検知して感染源、感染範囲を特定するマルウェア対策製品。RSA Security Analytics for Logの後継となる「RSA NetWitness Logs」、およびRSA Security Analytics for Packetの後継となる「RSA NetWitness Packets」は、各種のログ、すべてのネットワークパケットを収集し、リアルタイムに分析してサイバー攻撃の早期検知、脅威の可視化を行うセキュリティ管理製品。

RSA Archer Security Operation Managementの後継となる「RSA NetWintess SecOps Manager」は、RSA NetWitnessから送られるアラートの集中管理とインシデント対応のワークフローを自動化して効率的なSOC運営を支援する製品となる。各情報を横断して相関的に判断することで、攻撃の予兆を迅速に捉えることができるようになるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×