メールセキュリティのクラウドサービスに「メール無害化オプション」追加(IIJ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

メールセキュリティのクラウドサービスに「メール無害化オプション」追加(IIJ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は8月10日、「IIJセキュアMXサービス(セキュアMX)」の機能を拡充し、悪意あるメールを無害化する「メール無害化オプション」を10月1日より提供開始すると発表した。特に自治体において、インターネット経由のメールをLGWANに取り込む場合に、添付ファイルの削除など、無害化されたメールのみとすることを提言した「自治体情報システム強靭性向上モデル」への対策に有効なサービスとなるとしている。

セキュアMXは、企業のメールシステムに必要なセキュリティ機能をクラウド型で提供するサービス。新オプションでは、受信メールを複製し、添付ファイル付きメールやHTMLメールについては、複製したメールに対して「添付ファイルの削除」「HTMLメールのテキスト化」「URLリンクの無効化」を行い、無害化した上でLGWAN接続系メールサーバに配送する。オリジナルメールは、ユーザが用意する専用のメールボックスに配送、もしくはセキュアMXのメールボックスオプションを利用している場合は、セキュアMXのメールボックスに配送する。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×