ブラジルを狙うサイバー攻撃が本格化、悪用するためのURLが急増(フォーティネットジャパン) | ScanNetSecurity
2020.11.30(月)

ブラジルを狙うサイバー攻撃が本格化、悪用するためのURLが急増(フォーティネットジャパン)

フォーティネットジャパンは、FortiGuard Labsによるサイバー脅威動向に関するグローバルレポートの内容を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
フォーティネットジャパン株式会社は8月10日、FortiGuard Labsによるサイバー脅威動向に関するグローバルレポートの内容を発表した。レポートでは、脅威となるアクティビティがブラジルで増加していることと、昔の脅威が再び登場し、依然として多数観測していることをまとめている。

ブラジルについては、レポートにおける4つのカテゴリのうち、3つで増加が見られた。特に増加率が高かったのは「不正なURL」のカテゴリで、ブラジル以外の国が16%であったのに対し、ブラジルは83%と急増している。主にフィッシングなど不正利用のために作られたドメインやURLが増加しているためだという。

脅威動向では、標的となる組織などに侵入した後、検出を回避するテクニックに磨きがかかっている。これは、アクセス権限を持つ人間の挙動をまねるツールの登場などが原因としている。また、フィッシングアクティビティが4月から6月にかけて76%増加しており、特にニュージーランド領トケラウで活発であるとしている。国名ドメインではブラジル、コロンビア、ロシア、インドが上位を占めた。ランサムウェア攻撃は引き続き増加しており、不正なURLとともにJavaScriptベースのエクスプロイトキットを使用するケースや、ダウンローダーに「JS/Nemucodファミリー」を使用するケースが多く見られた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×