CGIにおいて環境変数HTTP_PROXYを使用するWebサーバ、Webアプリに脆弱性(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

CGIにおいて環境変数HTTP_PROXYを使用するWebサーバ、Webアプリに脆弱性(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、「CGI等を利用するWebサーバの脆弱性(CVE-2016-5385等)」に関する注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月19日、「CGI等を利用するWebサーバの脆弱性(CVE-2016-5385等)」に関する注意喚起を発表した。これは、CGI等を利用するWebサーバにおいて、リモートからProxyヘッダを含むリクエストを受信した場合に、サーバの環境変数HTTP_PROXYに意図しない値が設定されるというもの。脆弱性を悪用されると、中間者攻撃が行われたり、不正なホストに接続されるなどの可能性がある。

この脆弱性は、環境変数HTTP_PROXYを参照してHTTPアウトバウンド通信を行う WebサーバやWebアプリケーションに存在し、「PHP(CVE-2016-5385)」「GO(CVE-2016-5386)」「Apache HTTP Server(CVE-2016-5387)」「Apache Tomcat(CVE-2016-5388)」「HHVM(CVE-2016-1000109)」「Python(CVE-2016-1000110)」が影響を受けることが確認されている。

JPCERT/CCでは、「リクエストに含まれるProxyヘッダを無効にする」「CGIにおいて、環境変数HTTP_PROXYを使用しない」「ファイアウォールなどを用いてWebサーバからのHTTPアウトバウンド通信を必要最小限に制限する」といった回避策を適用することで、脆弱性の影響を軽減できるとしている。また、各ソフトウェアのディストリビュータや開発者から脆弱性を修正したバージョンが公開される可能性があるので、ディストリビュータや開発者からの情報を定期的に確認することを勧めている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×