GNU Wget においてファイル名検証不備により任意のファイルがダウンロードさせられてしまう脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

GNU Wget においてファイル名検証不備により任意のファイルがダウンロードさせられてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

ファイルのダウンロードなどを行うために利用されるコマンドである Wget において、ファイル名検証不備により意図していないファイルをダウンロードさせられてしまう脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
◆概要
ファイルのダウンロードなどを行うために利用されるコマンドである Wget において、ファイル名検証不備により意図していないファイルをダウンロードさせられてしまう脆弱性が報告されています。致命的な被害に発展する可能性は低い脆弱性ですが、ソフトウェアの性質上アップグレードが行き届かないと考えられるため、その他の OS コマンドと併せてアップグレードすることを推奨します。
----------------------------------------------------------------------
◆分析者コメント
脆弱性としては意図していないファイルをダウンロードさせるのみであり、ダウンロードさせたファイルを実行させるまでには至らないため大きな被害に発展する可能性は低いと考えられます。しかし、Wget コマンドを実行する際に上書き処理を行う設定をしている場合は元々存在しているファイルを書き換えられてしまう為、.bash_profile などシェルを起動する上で重要なファイルを書き換えられ、意図していない動作を引き起こされてしまう可能性が考えられます。

Wget コマンドはあまり更新する機会がないと考えられるため、脆弱性の影響範囲は広いと考えられます。Wget コマンドを日常的に使用している場合は、脆弱性の影響を受けないバージョンへのアップグレードを推奨します。
----------------------------------------------------------------------
◆深刻度(CVSS)
[CVSS v2]
4.3
https://nvd.nist.gov/cvss/v2-calculator?name=CVE-2016-4971&vector=(AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N)
[CVSS v3]
8.8
https://nvd.nist.gov/cvss/v3-calculator?name=CVE-2016-4971&vector=AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H
----------------------------------------------------------------------
◆影響を受けるソフトウェア
バージョン 1.18 未満の GNU Wget が当該脆弱性の影響を受けます。
《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×