デジタル・ビジネスへの移行におけるサイバーセキュリティの重要性に言及(ガートナー) | ScanNetSecurity
2019.11.19(火)

デジタル・ビジネスへの移行におけるサイバーセキュリティの重要性に言及(ガートナー)

米ガートナーは、デジタル・ビジネスとサイバーセキュリティに関する見解について発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ガートナージャパン株式会社(ガートナー)は6月23日、米ガートナーによるデジタル・ビジネスとサイバーセキュリティに関する見解について発表した。企業がデジタル・ビジネスへと移行する中で、「IT部門が直接保有していないインフラ」および「IT部門のコントロール外にあるサービス」をサイバーセキュリティによって保護する必要があるとしている。

また同社は、2020年までにデジタル・ビジネスの60%が、デジタル・リスクに対応するITセキュリティ部門の能力不足によって、大規模なサービス障害に直面するであろうと予測している。そして、デジタル・ビジネスにおいてサイバーセキュリティを成功へと導く上でポイントとなるのは、「リーダーシップとガバナンスの向上」「高度化する脅威の環境により100%防ぐことは不可能という認識」「デジタル・ビジネスのスピードに合わせたサイバーセキュリティ」「新しい境界 (エッジ) におけるサイバーセキュリティ」「人とプロセス - カルチャーの変化」の5つであるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×