デジタル・ビジネスへの移行におけるサイバーセキュリティの重要性に言及(ガートナー) | ScanNetSecurity
2020.05.29(金)

デジタル・ビジネスへの移行におけるサイバーセキュリティの重要性に言及(ガートナー)

米ガートナーは、デジタル・ビジネスとサイバーセキュリティに関する見解について発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ガートナージャパン株式会社(ガートナー)は6月23日、米ガートナーによるデジタル・ビジネスとサイバーセキュリティに関する見解について発表した。企業がデジタル・ビジネスへと移行する中で、「IT部門が直接保有していないインフラ」および「IT部門のコントロール外にあるサービス」をサイバーセキュリティによって保護する必要があるとしている。

また同社は、2020年までにデジタル・ビジネスの60%が、デジタル・リスクに対応するITセキュリティ部門の能力不足によって、大規模なサービス障害に直面するであろうと予測している。そして、デジタル・ビジネスにおいてサイバーセキュリティを成功へと導く上でポイントとなるのは、「リーダーシップとガバナンスの向上」「高度化する脅威の環境により100%防ぐことは不可能という認識」「デジタル・ビジネスのスピードに合わせたサイバーセキュリティ」「新しい境界 (エッジ) におけるサイバーセキュリティ」「人とプロセス - カルチャーの変化」の5つであるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×