メールドメイン認証基準DMARCに準拠した米Easy Solutions社の製品を導入(JIPDEC) | ScanNetSecurity
2019.11.18(月)

メールドメイン認証基準DMARCに準拠した米Easy Solutions社の製品を導入(JIPDEC)

JIPDEC)は6月13日、総合ネット詐欺対策に特化する米Easy Solutions社が提供する「DMARC Compass」を日本で初めて採用したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は6月13日、総合ネット詐欺対策に特化する米Easy Solutions社が提供する「DMARC Compass」を日本で初めて採用したと発表した。DMARC Compassは、メールドメイン認証基準DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting&Conformance)1に準拠しており、フィッシング詐欺や標的型攻撃といったインシデントを効果的に削減できるとしている。

JIPDECでは、視覚的になりすましメールを防止できるソリューション「安心マーク」を提供するとともに、DMARCの普及活動も行っている。今回、まず自らのメール環境に米Easy Solutions社の製品を導入し、DMARCに対応することにより、メールのなりすまし対策をさらに強固にする。また今後、これをベストプラクティスとして、さらに普及活動を強化していく計画だ。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×