売上規模別及び業種別のサイバー攻撃対策予算調査結果(KPMGコンサルティング) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.18(水)

売上規模別及び業種別のサイバー攻撃対策予算調査結果(KPMGコンサルティング)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

KPMGコンサルティング株式会社は6月10日、企業のサイバーセキュリティへの課題認識に関する調査「サイバーセキュリティ調査2016」の結果を発表した。同調査はKPMGインターナショナルによる世界のCEOを対象とした調査と、KPMGコンサルティングが実施した国内大手企業の情報システム部門責任者を対象とした調査により構成されるもの。

国内大手企業の情報システム部門責任者を対象とした調査結果によると、企業の65%が「サイバー攻撃は防ぐことができない」と考えていることがわかった(「非常にそう思う:26%」「どちらかといえばそう思う:39%」)。また、68%が「サイバー攻撃の予防は取締役レベルで議論すべき」と回答している。自社へのサイバー攻撃に対しては、46%が「発見する能力がない」と答え、21%が「効果的に対処できない」と回答した。

サイバー攻撃対策の導入状況では、「ネットワークのセグメント化(ファイアウォールの導入など)」が85%、「ログ収集のための仕組み(ツール、システム)の導入」が69%と技術面での対策は進んでいるが、一方でガバナンス面(フォレンジックチームの組成:8%、モニタリングチームの組成:19%)やプロセス面(サイバー攻撃を検出する手続きの整備:41%、定期的なペネトレーションテスト:22%)における対策の導入は進んでいないことが明らかになっている。

サイバー攻撃の「予防」のための年間予算についての質問では、「1,000万円未満」がもっとも多く55%、「1,000万円以上2,500万円未満」が18%、「2,500万円以上7,500万円未満」が12%と続いた。年間売上高別で見ると、売上高1兆円以上では「1億5,000万円以上」が4割を占めた。業種別では、「金融・保険業」の年間予算が多い傾向にあり、逆に低い傾向にあるのは「サービス業」であった。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 最も多くパスワードに使われた日本人女性の名前

    最も多くパスワードに使われた日本人女性の名前

  2. 平日と土日で変わるサイバー攻撃傾向~フォーティネット調査

    平日と土日で変わるサイバー攻撃傾向~フォーティネット調査

  3. セキュリティ意識の高まりから長いパスワードが新たにランクイン、2015年版「最悪のパスワード」を発表(SplashData)

    セキュリティ意識の高まりから長いパスワードが新たにランクイン、2015年版「最悪のパスワード」を発表(SplashData)

  4. 「WannaCry」はビジネスを回復不能にする「DeOS型攻撃」の出現を示唆(シスコ)

  5. IoT機器への不正アクセスが目的と思われる、MQTTによる探索行為が増加(警察庁)

  6. 比較的少ない400ノードで毎秒75Gbpsという今期最強のDDoS攻撃を発生(アカマイ)

  7. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  8. 3月の「Apache Struts」の脆弱性に最大1日40万件超の攻撃を検知(日本IBM)

  9. 「WannaCry」などのインシデントを防ぐには、アップデートと設定見直しが鍵(ラック)

  10. ウイルスに感染したIoT機器からの攻撃、メキシコでの大規模乗っ取りで急増(横浜国立大学、BBソフトサービス)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×