大規模DDoS攻撃が増加、ピーク時に289Gbpsを記録した例も--四半期レポート(アカマイ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

大規模DDoS攻撃が増加、ピーク時に289Gbpsを記録した例も--四半期レポート(アカマイ)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

アカマイ・テクノロジーズ合同会社(アカマイ)は6月8日、2016年第1四半期「インターネットの現状」レポートを発表した。レポートによると、アカマイは同四半期に4,500件を超えるDDoS攻撃を緩和したという。この数字は前年同期比で125%の増加となっている。攻撃の多くはストレッサー・ブーターベースのツールを利用したリフレクション攻撃で、これらのツールはDNS、CHARGEN、NTPなどの脆弱なサービスを実行しているサーバを中継に利用してトラフィックを反射させていた。攻撃対象となったのは、半数以上(55%)がゲーム会社、25%がソフトウェアおよびテクノロジー業界であった。

また同四半期には、100Gbpsを超えるDDoS攻撃が19件と記録的な件数に増加した。同社が緩和した中で最大のDDoS攻撃では、ピーク時に289Gbpsに達したという。大規模攻撃のうち14件はDNSリフレクションを悪用した攻撃であった。全般的なDDoS攻撃では、ターゲットとなった顧客あたりの平均攻撃回数は39回で、283回の攻撃を受けた顧客もあったという。Webアプリケーションへの攻撃では、攻撃数は前四半期より約26%増加、HTTPS経由の攻撃は236%増加している。またレポートでは、2兆を超えるボットのリクエストを追跡し、分析した結果も記載している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×