ファイルサーバ統合管理ソフトの新版、ハイブリッド運用や個人情報対応(NEC) | ScanNetSecurity
2021.10.18(月)

ファイルサーバ統合管理ソフトの新版、ハイブリッド運用や個人情報対応(NEC)

NECは、ファイルサーバ統合管理ソフト「NIAS」を強化し、販売を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本電気株式会社(NEC)は5月30日、ファイルサーバ統合管理ソフト「NIAS(NEC Information Assessment System)」を強化し、同日より販売を開始したと発表した。NIASは、ファイルサーバの容量増大に対する整理機能に加え、アクセス権の設定状況を可視化し、設定不備による情報漏えいを未然に防止、セキュリティ対策の強化が可能なファイルサーバ統合管理製品。強化版となる新製品(v3.3)、および個人情報検出オプションは、ともに500,000円から。

新製品では、氏名や電話番号、マイナンバーやクレジットカード番号といった個人情報が含まれるファイルを検出する機能を「個人情報検出オプション」として提供し、隔離・削除などの対策を取ることが可能となった。また、クラウドゲートウェイ製品と連携することで、オンプレミス環境にある利用頻度の低いデータをクラウドサービス上のストレージへ自動的に移行するといったハイブリッドクラウド環境にも対応し、情報配置や運用の最適化により5年で約50%のコスト削減を実現するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×