LGWAN上のPCやサーバに定義データベースを配信、セキュリティ製品ベンダ初(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

LGWAN上のPCやサーバに定義データベースを配信、セキュリティ製品ベンダ初(カスペルスキー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社カスペルスキーは4月5日、総合行政ネットワーク(LGWAN)上のPC、サーバで使用している同社の法人向けセキュリティ製品「Kaspersky Endpoint Security for Business」の定義データベース配信サービスを、4月28日より開始すると発表した。LGWAN-ASPサービスとしてLGWANに接続されたPCやサーバに直接定義データベースを配信することは、セキュリティ製品ベンダで初となる。

これにより自治体のIT管理者は、インターネットから取得した定義を手動で取り込んだり、セキュリティ製品の販売会社がLGWAN-ASPを構築するといった対応が不要となり、運用管理の負荷軽減やコスト削減につながるとしている。また、定義データベースの配信には、いわゆるパターンマッチング用の定義だけでなく、ヒューリスティック定義やふるまい検知用の情報、および脆弱性レポートで使用するOSやアプリケーションの脆弱性情報も含まれる。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×