セキュリティ対応レベルを可視化、一元管理できる2サービスを提供開始(日立システムズ) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

セキュリティ対応レベルを可視化、一元管理できる2サービスを提供開始(日立システムズ)

日立システムズは、「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」および「SHIELD セキュリティリスク管理サービス」を販売開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社日立システムズは3月29日、「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」および「SHIELD セキュリティリスク管理サービス」を、同日より販売開始したと発表した。「SHIELD セキュリティコンサルティングサービス」は、企業の持つ顧客データや技術情報などといった情報資産に対し、独自のフレームワーク(分析手法)により、リスクを総合的に評価・分析、対策を提案するサービス。

「SHIELD セキュリティリスク管理サービス」は、情報システムに対する攻撃状況や脆弱性診断結果をセンサーを通じてSHIELD SOCに定期的に収集し、同社のセキュリティアナリストがリスクを分析・通知するサービス。この2サービスを組み合わせて利用することで、企業はセキュリティリスクを可視化して一元管理できるようになるほか、継続的なセキュリティ対応レベルの維持を実現し、セキュリティインシデントの発生リスクを低減できるとしている。価格は、セキュリティコンサルティングサービスが個別見積もり、セキュリティリスク管理サービスは管理対象サーバが5台の場合で月額25万円から。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×