脅威インテリジェンスへの素早いアクセスでインシデント対応を迅速化(ウェブルート) | ScanNetSecurity
2022.09.27(火)

脅威インテリジェンスへの素早いアクセスでインシデント対応を迅速化(ウェブルート)

ウェブルートは、脅威調査ツール「BrightCloud Threat Investigator」を提供開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウェブルート株式会社は2月26日、脅威調査ツール「BrightCloud Threat Investigator」を同日より提供開始したと発表した。同ツールは、企業やマネージドサービス プロバイダー(MSP)、マネージド セキュリティサービス プロバイダー(MSSP)向けに、個々のIPやURLに関する実用的な脅威インテリジェンスに瞬時にアクセスし、各オブジェクトのカテゴリ、履歴、関連IP/URLを掘り下げることで、脅威の調査やインシデント対応に活用できるというもの。

同ツールによって、継続的なサイバー調査の際に時間を節約でき、セキュリティアナリストや第一対応者は最も重大な課題に集中できる。セキュリティ担当者などはその後、より効果的にセキュリティ侵害の影響を緩和し、顧客データや知的財産の持ち出しを制限し、企業の評価に関わる副次的影響を抑制できるようになるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×