1,500 ドルの賞金をチラつかせなければ、バグ報奨金のハンターは食いつかない~良質な助けを得たいなら、その 10 倍が必要になる(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

1,500 ドルの賞金をチラつかせなければ、バグ報奨金のハンターは食いつかない~良質な助けを得たいなら、その 10 倍が必要になる(The Register)

国際 TheRegister

Bug Crowd によると、バグ報奨金システムの導入を望んでいる痩せ細った組織は、インパクトの強い脆弱性の報告を受けたければ、最低 1,500 ドル(編集部註:約 18 万円)を支払う準備を整えなければならない。

管理されたバグ報奨金のプラットフォーム(編集部註:Bug Crowd のこと)が、本日(編集部註:2015年1月22日)公開した文書やアンケートは、バグを退治するために推奨される支払いのリストと、現在の彼ら(報奨金制度を望む企業)のセキュリティに対する姿勢、収入、およびスタッフをマッチングできるようにするものだ。
《翻訳:フリーライター 江添 佳代子》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×