ロシアの「カード情報の闇販売」のカイザー・ソゼを、ハッカーハンターが示す~報告書は語る:その首謀者は「Rescator」だ(The Register) | ScanNetSecurity
2024.02.27(火)

ロシアの「カード情報の闇販売」のカイザー・ソゼを、ハッカーハンターが示す~報告書は語る:その首謀者は「Rescator」だ(The Register)

金融機関を狙った複数のグループは、そのレポートの期間中、トロイの木馬やフィッシングサイトなどの技術、さらには買収したインサイダーの助けさえも利用し、約 4 千万ドル(編集部註:約 43 億円)を盗んだ。

国際 TheRegister
「ウクライナの Odessa を拠点としているハッカーが、危殆化されたクレジットカードから盗まれたデータの『主要な供給者』となっていた」と、新しい調査結果が主張している。

ロシアのサイバーセキュリティコンサルタント企業 Group-IB によると、その人物(あるいは複数の人々)は、「Rescator」(別名 Helkern and ikaikki)の偽名で活動している。Rescator は、カード詐欺のオンライン市場「SWIPED」へ、500 万枚以上のカードの詳細情報をアップロードした。

「Rescator は SWIPED のオーナーではない。彼は、その店の活発な売人だ」と、Group-IB の脅威防止・調査部グループ長 Dmitry Volkov は主張した。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×