約81万件の顧客情報が保存されたUSBメモリを紛失(東京電力) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.18(土)

約81万件の顧客情報が保存されたUSBメモリを紛失(東京電力)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

東京電力は1月28日、同社カスタマーサービス・カンパニー執務室内において個人情報を記録したUSBメモリを紛失したと発表した。

これは同社社員がカスタマーセンター執務室内で、1月21日に電話対応状況のデータ移行を行うためUSBメモリを使用し、その後1月25日に再度データ移行を行おうとした際に同USBメモリの紛失に気づいたというもの。

紛失したUSBメモリには、約81万件の顧客情報(氏名、電話番号、住所、電気料金、電気使用量)が含まれているという。

なお紛失したUSBメモリ内のデータには高度なセキュリティ対策が講じられており、また執務室内での紛失と考えられ持ち出された形跡が確認できていないことから、データ流出の可能性は極めて低いとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×