セキュリティ研究者によって確認された「自分のペースメーカーが心拍数のデータを医師に送る流れ」~ええと、これは SMS? SG? それともメール?(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

セキュリティ研究者によって確認された「自分のペースメーカーが心拍数のデータを医師に送る流れ」~ええと、これは SMS? SG? それともメール?(The Register)

これらの医療ハッカーたちは昨年、米議会に対して「ハッカーが医療デバイスを調査することが、また車両にハッキングをすることが許可されるように、DMCA 制限法の例外的な措置を得るための働きかけ」を成功裏に行っている。

国際 TheRegister
一人のコンピュータセキュリティ研究者が、「自分のペースメーカーが用いている通信プロトコル」を徹底調査した──「医療デバイスが、どれほどまでに情報を放出しているのか」という認識が、自身の調査結果によって高められることを彼女は望んでいる。

Marie Moe は、ある種の不整脈を経験して心臓が減速し始めたことを受けて、4 年前にペースメーカーを埋め込んだ。

その後まもなく、彼女は自身の「クローズドソースのデバイス」のマニュアルを探し求めた──そして、この「彼女の心臓が通常の鼓動を打ち続けるために不可欠なデバイス」をより深く知るため、ケンブリッジ大のインダストリアルコントロールハッカー Eireann Leverett の協力を得た。
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×