サイト改ざんが依然としてインシデントの1/4を占める--JPCERT/CCレポート(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.18(土)

サイト改ざんが依然としてインシデントの1/4を占める--JPCERT/CCレポート(JPCERT/CC)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月14日、2015年10月1日から12月31日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。インシデント報告対応レポートによると、同四半期にJPCERT/CCに寄せられたインシデント報告件数は3,440件で、前四半期(4,128件)から17%減少した。

インシデントの内訳は「スキャン」が48.2%、「Webサイト改ざん」が26.1%、「フィッシングサイト」が15.0%を占めた。フィッシングサイト全体では、金融機関のサイトを装ったものが49.1%、Eコマースサイトを装ったものが16.4%を占めている。本四半期に報告が寄せられたフィッシングサイトの件数は474件で、前四半期の522件から9%減少し、前年度同期(466件)との比較では17%の増加となっている。

活動概要では、「高度サイバー攻撃への対策のための文書を公開」「標的型攻撃に使われるマルウエアに対する、検知ツールと分析スクリプトを公開」「JVNにて共通脆弱性評価システムCVSS v3 による脆弱性評価を開始」をトピックに挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×