法執行機関 VS シリコンバレーのアイドル的な問題児たち~そして Ashley Madison から、ハッキング可能な Jeep の話題まで(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

法執行機関 VS シリコンバレーのアイドル的な問題児たち~そして Ashley Madison から、ハッキング可能な Jeep の話題まで(The Register)

国際 TheRegister

【 1 年のレビュー】

NSA の内部告発者となった元契約者 Edward Snowden が情報公開を行ってから、しばらくはシリコンバレーのテクノロジー企業と西側政府との間の緊張感が高まっていたが、2015 年には徹底した交戦体勢が剥き出しとなった。

大西洋の両側(編集部註:米国と欧州)の法執行機関や政治家は一様にして、「エンドツーエンドの暗号化のおかげでウェブの『見通しが悪くなっている』(going dark/この表現を最初に使ったのは FBI 長官の James Comey)」「そのせいでテロリズムや、その他の深刻な犯罪の捜査が妨げられている」と何度も不満を延べた。

エンドツーエンドの暗号化を適用するということは、暗号のプライベートキーが、サービスを提供している企業ではなく、デバイス上に保持される、ということになる。つまりテクノロジーのプロバイダには──たとえ捜査令状が発行された場合でも──それを引き渡す手段がない。
《翻訳:フリーライター 江添 佳代子》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×