民主党が「卑劣なデータのトリック」に携わったとサンダースの大統領選挙陣営が主張~IT セキュリティの混乱が、出馬中の 2 陣営の争いに発展(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

民主党が「卑劣なデータのトリック」に携わったとサンダースの大統領選挙陣営が主張~IT セキュリティの混乱が、出馬中の 2 陣営の争いに発展(The Register)

サンダースの選挙活動マネージャは、チームをデータベースから閉め出したDNCの決定が不当であると宣言し、今年の10月にNGP VANへ報告されたインシデントの件も含めて、DNCによるデータの取り扱いを調査するよう要求した。

国際 TheRegister
米民主党のデータベースのプロバイダにインシデントが発生したのち、ハッキングを巡る論争が同党の大統領選挙戦を分断している。

大統領候補バーニー・サンダースの選挙活動に携わるスタッフの一人が、非常に重要なデータベース(有権者のターゲティングを行うデータベース)をホスティングしているプロバイダ NGP VAN へ不適切に侵入したことを受け、サンダース陣営はデータベースへのアクセスを絶たれている。その企業(NGP VAN)はヒラリー・クリントンとサンダースの両候補者の選挙活動プロファイルをホストしているため、同社のファイアウォールに起きた 45 分に渡る問題で、サンダースの選挙活動チームのスタッフはクリントンの選挙活動ファイルのデータを閲覧することができた。
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×