米国のサイバー犯罪者は、隠し立てもせず次々とハック&クラックを起こす~ヤンキーたちは警察を嘲笑し、RAT を販売するために YouTube を利用する(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

米国のサイバー犯罪者は、隠し立てもせず次々とハック&クラックを起こす~ヤンキーたちは警察を嘲笑し、RAT を販売するために YouTube を利用する(The Register)

彼らは非常に予測不能な動きをする。多くの地下サイトは寿命が短い。彼らは 1 日だけ活動し、次へ動く可能性がある。調査を行うには、この速いペースに追いつかなければならない。

国際 TheRegister
法執行機関を露骨に揶揄している北米のサイバー犯罪者たちのフォーラムは、それに「glass tanks(水槽/ガラス炉)」のあだ名をつけていた。

(そのフォーラムは)マルウェアや盗難したクレデンシャルの情報、その他の犯罪的サービスを非常にオープンな状態で販売しているため、それらは Google を利用して見つけることができると、Trend Micro の研究者 Kyle Wilhoit と Stephen Hilt は語る。

さらに、そのフォーラムはウェブサイトのいたるところに広告を掲載し、より多くのユーザーを獲得するため YouTube にも動画を投稿している。
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×