ScanNetSecurity 創刊 17 周年記念 クラフトビール醸造記(3)はたらく編集長 | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

ScanNetSecurity 創刊 17 周年記念 クラフトビール醸造記(3)はたらく編集長

ScanNetSecurity PREMIUM MEMBERS キャンペーンと連動してお届けしている創刊 17 周年記念 クラフトビール醸造記、今回は第 3 回をお届けします。

おしらせ
画期的によくはたらく編集長
  • 画期的によくはたらく編集長
  • 麦芽の計量
  • ミルで麦芽を粉砕
  • 粉砕した麦芽を仕込み釜に投入
  • ScanNetSecurity 創刊 17 周年記念 クラフトビール醸造記(3)はたらく編集長
  • ヨウ素溶液で糖化の確認をします
  • この段階で試飲します
  • 画期的によくはたらく編集長 その2
ScanNetSecurity PREMIUM MEMBERS キャンペーンと連動してお届けしている創刊 17 周年記念 クラフトビール醸造記、今回は第 3 回をお届けします。

なお、ここで、まぎらわしいので整理しておくと、

●ScanNetSecurity PREMIUM MEMBERS
2015年秋に開始した会員制サービス名称

●Scan PREMIUM
PREMIUM MEMBERS 限定で配信されるメルマガ名称

●Scan PREMIUM
上記誌名とまったく同一名称の 創刊17周年記念ノベルティ名称

ですのでお間違いないようお願いいたします。

さて、創刊 17 周年記念 クラフトビールは、「麦芽の計量と破砕」「麦芽の糖化」「ヨウ素テストと麦汁の試飲」「マッシュアウト」「麦汁のろ過/試飲」「移動/スパージング」「煮沸/ホップ添加」「冷却/試飲」というプロセスで製造されました。

思ったよりもハードな醸造作業だったのですが、そこで編集部が目にしたのは、ありえないほど積極的にはたらく編集長の姿でした。

上野編集長といえば、成功したセキュリティコンサルタントとして、海外カンファレンスを中心に、年間数十回も海外出張に赴いていながらも、ちっともレポート記事を書いてくれない、ブレない男として知られています。

重量のある麦芽を計量したり、糖化やろ過などの衣服や手が汚れる作業を黙々とこなす編集長の画期的な姿を目にした編集部は、Scan PREMIUM の醸造と、ScanNetSecurity PREMIUM MEMBERS の成功を確信したのでした。

創刊 17 周年記念 クラフトビール「Scan PREMIUM」は、12 月 31 日まで実施中のキャンペーン申込者から抽選で 17 名に差し上げます。お早めにお申し込み下さい
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

編集部おすすめの記事

特集

おしらせ アクセスランキング

  1. 本誌 ScanNetSecurity、Black Hat USA 2024 のプレス登録に落選

    本誌 ScanNetSecurity、Black Hat USA 2024 のプレス登録に落選

  2. 訂正とお詫び

    訂正とお詫び

  3. 毎月初に配信されている Scan PREMIUM Monthly Executive Summary とは? 執筆者に聞くその内容と執筆方針

    毎月初に配信されている Scan PREMIUM Monthly Executive Summary とは? 執筆者に聞くその内容と執筆方針

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×