官庁、自治体、金融機関向けに統合型メールソフトを発売(NEC) | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

官庁、自治体、金融機関向けに統合型メールソフトを発売(NEC)

NECは、中央官庁、自治体、金融機関での利用に適した統合型メールソフトウェア「Mission Critical Mail シリーズ」を発売した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本電気株式会社(NEC)は12月17日、中央官庁、自治体、金融機関での利用に適した統合型メールソフトウェア「Mission Critical Mail シリーズ」を同日より発売したと発表した。価格は500IDで1,300,000円から。同シリーズでは、ウイルス対策、スパム対策、なりすまし対策から誤送信対策、自治体のセキュリティ対策に寄与するメール無害化機能を搭載した「メールフィルタリング」、金融機関に求められるFISCの安全対策基準に則った監査の効率化機能や、厳格なログや証跡管理を有する「アーカイブ」、「メールサーバ/WEBメール」の機能を統合して提供するもの。

パスワードリスト攻撃の自動検知&自動防御を行うオートディフェンスフローコントロール機構を搭載するほか、同社独自の送信元確認機能により、高い安全性と堅牢性を装備、またFireEyeなどの標的型攻撃対策製品と組み合わせることも可能。また、冗長環境でなくてもメールの配送を停止させずに設定変更、パッチ適用を可能なローリングアップデート機構を搭載、24時間365日の安定稼動が可能な可用性を装備した。なお、「Mission Critical Mail シリーズ」の第1弾として、メールフィルタリング製品「Mission Critical Mail Filter」を2016年2月より提供を開始する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×