「マイナンバーのセキュリティに不安」9割以上に--ユーザアンケート調査(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

「マイナンバーのセキュリティに不安」9割以上に--ユーザアンケート調査(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「個人に関する情報のセキュリティ意識調査」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
トレンドマイクロ株式会社は12月16日、「個人に関する情報のセキュリティ意識調査」の結果を発表した。同調査は11月12日~13日、日本国内の個人ユーザ1,035名を対象に、「個人に関する情報のセキュリティ」に関する意識や実態について実施したWebアンケート調査。調査結果によると、回答者の9割以上がマイナンバーのセキュリティについて不安を感じていることがわかった。具体的には、「自治体からの情報漏えい(72.1%)」や「自身のマイナンバーを提供した企業からの情報漏えい(58.4%)」など、マイナンバーを収集・保管する企業・組織からの漏えいに不安を感じているユーザが多かった。

また、「自身によるマイナンバーの紛失・盗難(48.6%)」や「自身のインターネット端末のウイルス感染(43.8%)」など、ユーザ自身が原因となる項目のいずれかを選択した回答者は72.9%に上った。マイナンバーとひも付けされると不安な他の情報については、「利用している金融機関の情報(75.4%)」「クレジットカード情報(74.3%)」という「金融関連」の情報との紐づけが不安なユーザが7割以上を占めた。マイナンバーを取扱う事業者は、取得したマイナンバーの情報をどのように管理・保管を行い、セキュリティ対策を実施しているのかを、利用者に明示することが重要であるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×